地下鉄サリン被害者の声メモリアルウォーキング

平成22年3月20日開催のシンポジウムで「R・S・Cケア活動のこれまでとこれから」を各先生方に講演頂きました内容を掲載しています。

河野義行氏
(元長野県公安委員・松本サリン事件被害者 R・S・C顧問)基調講演 


石松伸一先生
(聖路加国際病院 救急部部長 R・S・C理事)講演


黒岩幸雄先生
(昭和大学名誉教授 R・S・C副理事長) 講演


南正康先生
(日本医科大学名誉教授) 講演


若倉雅登先生
(医療法人社団 済安堂 井上眼科病院 院長)講演


R・S・Cの活動内容
特定非営利活動法人(NPO)リカバリー・サポート・センター(R・S・C)は犯罪や事故、災害などで被害を受けた被害者及びその家族に対して身体的及び精神的後遺症の回復のため、検診・治療支援活動を国内外の医療、薬学救済組織ネットワークにより行っています。
また被害者や家族への事件、事故、災害後のケアーと社会復帰へのプログラム提供等、後遺症ケアーを行っています。
さらに地域社会に対して救済活動と啓発活動を行うことにより、人類の平和に寄与することを目的としています。

R・S・Cの会報「木の根」 
 
↑クリックすると最新号が閲覧できます。
(PDF形式650KB)

リカバリー・サポート・センターでは、活動報告やサリン事件関連ニュースなどをまとめた会報を定期的に発行しております。ご希望の方は事務局までお問合せ下さい。
>>お問合せ

2015.3.9 地下鉄サリン事件から20年
フォーラムのご案内>>クリック
2012.4.3 事務所を移転しました。>>クリック
2011.2.25 木の根最新号9号をUPしました。>>クリック
2010.5.11 木の根最新号8号をUPしました。>>クリック
2010.3.25 3月20日での質疑のご回答>>クリック
2010.3.20 地下鉄サリン事件から15年シンポジウムを開催>>クリック
2008.11.21 役員の入れ替えを行いました。>>クリック
2008.5.7 事務局を移転しました。>>クリック
2007.1.23 役員に変更がありました >>クリック
2006.9.20 木の根No.5発行しました >>クリック
2006.2.18 10〜11年目検診の様子を掲載 >>クリック
2005.12.14 R・S・C会報「シンポジウム木の根」紹介 >>クリック
2005.5.9 メモリアルウォーキングケアの様子を掲載。
2004.11.26 今期から年会費を改定いたしました。>>クリック
2004.10.27 新規会員申込フォームを設置しました。>>クリック

☆平成 22 年秋の検診を実施
10 月〜 11 月にサリン被害者無料検診が行われました。
本年は、越谷保健所、足立保健所、渋谷「リフレッシュ氷川」三ヶ所、合計 5 日間で実施いたしました。


受付

ゆったりと受診が出来るようにあらかじめ時間帯を決めています。


問診
かなりの時間をかけて各自の体の症状について聞き取りをしています。


ハンドマッサージ
5 年前から導入したアロマ精油によるマッサージを 20 分ほど受けていただきます。すっかり定着して皆様楽しみにしています。

 

他には心電図、尿検査、カウセリング、医師の問診があります。

R・S・Cでは検診に参加してくださるボランティアを募っています。詳細は事務局へご連絡下さい。

 

 

座談会:事故調査と被害者支援の在り方
2011.1.30

平成23年1月に座談会の実施
≫神戸新聞記事
≫朝日新聞記事
≫日経新聞記事

JR福知山線脱線事故負傷者「空色の会」との連携への取り組み
「NPO法人RSCとの意見交換」
2010.9

平成22年9月第一回交流会
≫神戸新聞記事
≫朝日新聞記事
≫読売新聞記事

10〜11年目検診実施
2005.10〜11
2005年10月〜11月に行われた検査の様子 
集団申請→手帳交付
2004.11月
厚生労働省へ集団申請した(04年5月)サリン被害者のアフターケア制度で被害者手帳が届いたとの報告が事務局に寄せられました。
アフターケア制度集団申請 
2004.5.13
厚生労働省労災補償課へ第一陣の申請者58名分の書類をR・S・Cが一括して提出し、受理されました。
左はR・S・C木村理事長

 

リカバリー・サポート・センター 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-15-6 オリエント新宿204号
copyright(C)2002 Recovery Support Center All rights reserved.